熊本・菊陽町のTSMC新工場、地下水採取量3割減 1日8500立方メートルに 設備高度化やリサイクル率向上で

熊本日日新聞 | 2023年8月31日 10:14

image

 半導体受託生産最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は31日、子会社のJASM(熊本市)が熊本県菊陽町に建設中の工場で半導体製造に使う地下水の採取量が、1日当たり約8500立方メートルになる予定だと明らかにした。当初計画していた約1万2千立...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 486字(全文 606字)

熊本の経済

ランキング

お出かけ情報