ダム着工のハードル アセス結果と地元合意が焦点【緊急連載 五木村 新たな局面㊦】

熊本日日新聞 2023年6月7日 09:20
流水型ダムが完成して貯水した場合、水没が予定される五木村の旧中心部。手前は川辺川、左奥は高台の頭地代替地、右奥は小八重橋=4日、五木村(小野宏明)

 「流水型ダムについては国の環境影響評価(アセスメント)の結果を踏まえ、村民の意見も聞いた上で判断したい」。4日、五木村であった国や県による村振興計画の地元説明会。木下丈二村長は村民に向けて、ダム建設を受け入れるかどうかは慎重に判断する姿勢...

この記事は会員限定です。

ログイン後、購入するとお読みいただけます。

残り 1234字(全文 1354字)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
川辺川ダム