牛乳パックで獅子頭 熊本市の一新小、人形師が出前授業

熊本日日新聞 | 11月25日 10:30

image
ミニ獅子頭を完成させた一新小の3年生の児童たち=熊本市中央区

 熊本市中央区の一新小で24日、地域の伝統工芸について学ぶ“出前授業”があり、牛乳パックやストロー、紙粘土を使った「ミニ獅子頭」を仕上げた。

 総合学習の時間で3年生約50人が参加。同市西区の人形師、厚賀新八郎さん(77)が指導した。

 この日は全10時間の授業中、最後の2時間。金づちやグローブなど将来の夢をかたどった部品をのせた頭部分に、髪の毛や御幣などの装飾を施し「夢獅子」を完成させた。

 パティシエになるのが夢で、ショートケーキをのせた田代彩乃さんは「ケーキを作るのが難しかった。目をハートの形にしてきれいにできた」と笑顔で話していた。

 厚賀さんは「物作りの大変さを知り、物を大切にしてほしい」と話した。完成した獅子頭は今後、中央区の新町会館に展示される。(川野千尋)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note