国民の宗教的感情 害したか 死体遺棄、「曖昧な概念」指摘も【動き出す最高裁 元実習生死産事件】㊦

熊本日日新聞 | 2023年2月23日 07:58

image

 「双子の遺体を自室に置き続けた行為は、国民の一般的な宗教的感情を害する」。2021年7月、死体遺棄の罪に問われたベトナム人元技能実習生のレー・ティ・トゥイ・リン被告(24)の判決で、熊本地裁は断じた。持ち出されたのは「国民の宗教的感情」と...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 944字(全文 1064字)

熊本のニュース記事一覧

ランキング

お出かけ情報