【自己ベスト2時間40分台 岡本記者の熊本城マラソン日記】けが明け1週間、10キロレースに飛び込み参加 想定外、自己ワーストの記録 地道に練習「20キロを無理なく」目標に

熊本日日新聞 | 2022年12月2日 13:37

玉名市民健康マラソンの10キロの部に出場し、最後の直線を走る記者=玉名市

 けがから復帰し、練習を再開して1週間が経過した11月27日。今の実力を確認するために、玉名市横島町であった「玉名市民健康マラソン」の10キロの部に飛び込みで出場しました。同市横島支所付近を発着する平たんなコースで、地元の高校生や社会人が競います。
 不安があった左足首にテーピングをして、青空の下、午前10時にスタート。郡市対抗熊日駅伝の玉名市代表を選ぶレースでもあり、先頭は1キロ3分に迫るペースで駆け出しました。第2集団は1キロ3分25秒ペースで走り、私もその後方で集団を追いかけます。しかし、2キロ手前で離されると、集団とはみるみるうちに差が開いていきました。

この記事は会員限定です。熊日IDに登録すると続きをお読みいただけます。

残り 565字(全文 850字)

ランキング

イベント情報