熊本県内初のプロ女流棋士・松下女流2級の指導対局も 28日に第41回少年少女将棋大会

熊本日日新聞 | 2022年8月7日 17:03

松下舞琳女流2級

 28日に熊本市中央区の熊日本社である第41回少年少女将棋大会(熊日主催)で、今月に県内初のプロの女流棋士になった松下舞琳[まりん]女流2級(済々黌高1年)による指導対局が行われる。大会は県内在住の中学生以下が対象で、15日まで出場者を募集している。

 中学生の部、小学生の部(未就学児を含む)があり、予選リーグと決勝トーナメントで競う。それぞれの上位3人は松下女流2級による指導対局を受ける。

 午前10時対局開始。参加料は500円(当日徴収)。事前の申し込みが必要で、はがきに郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、段級位、学校名、学年、電話番号を記入し、〒860-0827、熊本市中央区世安1の5の1、熊日事業センター「少年少女将棋大会」係へ。ファクス096(361)3249でも可。同センター☎096(361)3366(土日祝を除く午前9時~午後5時)。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube