熊本県内の路線バスが相次ぎ減便 コロナ感染再拡大、運転手不足

熊本日日新聞 | 2022年8月2日 07:30

image

 新型コロナウイルスの感染再拡大で、熊本県内のバス会社が路線バスを相次ぎ減便する。従業員の感染や濃厚接触者が増え、運行に必要な人員を確保できなくなっているためだ。コロナ禍による利用者の減少を理由に路線バスを減便する例は過去にもあったが、今回...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 652字(全文 772字)

熊本の経済

ランキング

イベント情報