利用者減り減便、運転手も不足  路線バス、将来描けず <課題の断面 2022参院選くまもと>

熊本日日新聞 | 2022年6月26日 09:39

image

 「ドア、閉まりま~す。ご注意くださいっ」  17日午後、熊本市中央区の桜町バスターミナル。木山(益城町)行きの路線バスの車内に、抑揚のある声が響く。ハンドルを握るのは九州産交バスの運転手、内間和美さん(50)。乗務歴13年のベテランだ。...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1237字(全文 1357字)

ランキング

イベント情報