金栗四三、日本統治下の台湾で訪問指導 新資料見つかる

熊本日日新聞 | 2022年8月2日 08:44

image

 熊本県出身で日本人初の五輪選手の金栗四三が、日本統治下の台湾で訪問指導したことを示す日記などが見つかった。筑波大の真田久特命教授(スポーツ人類学)らが1日、玉名市役所で記者会見し、「金栗の現役時代の足跡を示す貴重な一次資料」と評価した。 ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 372字(全文 492字)

ランキング

イベント情報