梅雨明け直後、熱中症に注意 「不要不急の外出控えて」

熊本日日新聞 | 2022年6月30日 09:00

熱中症になった時の首元を冷やすポイントを説明する熊本赤十字病院の岡野雄一医師=熊本市東区

 熊本県内は記録的に早い梅雨明けとなり、29日も各地で真夏日となった。環境省などは「熱中症警戒アラート」を連日発表。「災害級の暑さに注意を」と呼びかける、熊本赤十字病院(熊本市)の岡野雄一・第一救急科副部長(43)に対策を聞いた。

 岡野医師によると、梅雨明けすぐは熱中症患者が急増する傾向がある。「体がまだ暑さに慣れておらず、重症度も上がる。今が最も注意が必要」という。

 岡野医師が所属する日本救急医学会は梅雨明けした28日、記者会見で「『暑さは災害』だと思って、不要不急の外出は控えてほしい」と訴えた。毎年、学校の部活動や大会で多数の患者が出ることから、岡野医師は「アラートが出ている時は基本的に運動は禁止。部活の指導者もアラートを参考にしてほしい」と強調。環境省の専用サイトで確認できる。

 コロナ禍でマスク生活が続くが、マスクは口元に熱がこもる一方、喉の渇きを感じにくくなるという。「屋外で人との距離が2メートル離れるなら、積極的にマスクを外していい」

 熱中症を感じた際、病院受診の目安は「意識がぼーっとして、自分で動けず、水分が取れない場合」だ。意識があり自分で水分が取れるなら、涼しい場所に移動し、タオルで巻いた保冷剤を首や脇の下、足の付け根に当てる。

 涼しい室内や朝夕の軽い運動で少しずつ汗をかくと、体が暑さに慣れ体温調節できるようになっていく。岡野医師は「室内ではエアコンを適切に使い、夏バテしないよう睡眠と水分、栄養のある食事をしっかり取ることが大事」と強調する。(豊田宏美)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube