熊本県産品の魅力 発信 「復興応援マルシェ」始まる JR熊本駅前「アミュひろば」

熊本日日新聞 | 2022年5月27日 13:28

県内50社が自慢の商品を販売する「くまもと復興応援マルシェ」の会場=27日、熊本市西区

 熊本地震や2020年7月豪雨の影響を受けた県内事業者の販路拡大を支援する「くまもと復興応援マルシェ」が27日、熊本市西区のJR熊本駅前「アミュひろば」(白川口駅前広場)で始まった。29日まで。県内各地の50社が農産加工品やスイーツなど自慢の逸品を販売する。

 マルシェは全国商工会連合会の補助事業で、熊日広告社が事務局の「くまもと復興応援プロジェクト」の一環。参加企業は、持続可能な開発目標(SDGs)に沿った商品開発やマーケティングについてセミナーなどで学んでいる。

 会場には、ラーメンやカレー、ハンバーガーなどの食事のほか、大福、焼き菓子といったスイーツ、コーヒーや雑貨などを販売するテントやキッチンカーが並び、開店と同時に買い物客が次々に訪れた。

 総菜などを買い求めた熊本市中央区の主婦(82)は「見て回ると楽しく、いろいろ買いたくなります。期間中にまた来たいですね」と話した。

 商品を入れて渡す袋は、非食用のコメを原料の一部に使い環境に配慮したバイオマスプラスチック製バッグを熊本中央信用金庫が提供した。

 27日は午後6時まで。28、29日は午前11時~午後5時。(辻尚宏)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube