特定外来生物「アライグマ」2年で倍増 熊本県内、昨年度85件確認

熊本日日新聞 | 2022年5月10日 08:00

image

 特定外来生物のアライグマが熊本県内各地で相次ぎ確認されている。2021年度の個体の確認数は85件に上り、2年前の19年度から倍増。このまま増加すれば、農作物や生態系に深刻な被害をもたらす恐れがある。  アライグマは北米原産で、タヌキやア...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 745字(全文 865字)

熊本のニュース記事一覧

ランキング

イベント情報