「アサリの取引記録」義務化へ 熊本県の条例案骨子 蓄養からの脱却支援も

熊本日日新聞 | 2022年4月6日 18:14

image

 熊本県は6日、輸入アサリを「熊本県産」と表示する産地偽装の防止を目指す条例案の骨子を発表した。漁協や業者に取引記録の作成を義務付けることを検討。偽装の温床と指摘される「蓄養」をやめた海域を「あさり資源特別回復区域」に指定することも盛り込む...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 532字(全文 652字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報