銃弾の鉛 政府軍は英国産、薩軍は国内産 西南戦争で使用、熊本大など分析

熊本日日新聞 | 2021年12月26日 11:32

image

 熊本大大学院の細野高啓教授(地球環境科学)と琉球大、山形大、長崎県対馬歴史民俗資料館などの研究チーム(6人)は、西南戦争(1877年)で政府軍と薩摩軍が使った銃弾の鉛を分析し、それぞれの産地を特定したと9日付の国際考古学誌に発表した。鉛は...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 548字(全文 668字)

ランキング

イベント情報