年越し寒波、熊本市内など雪景色 天草市でも積雪

熊本日日新聞 | 2020年12月31日 18:34

30日からの積雪で、白色に染まった黒川温泉街=31日午前11時20分ごろ、南小国町満願寺

 熊本県内は31日、冬型の気圧配置が強まり、各地で真冬並みの寒さとなった。30日から降った雪が積もり、熊本市で1センチの積雪を観測した。

 気象庁によると、31日の最高気温は高森町が氷点下1・1度、阿蘇市0・1度、南阿蘇村0・8度など。熊本市は4・9度と各地で平年を8・9~5・4度下回った。今後、大雪の恐れはなくなったが、冬型の気圧配置が続くため1日も雪や曇りの見込み。山間部では、路面の凍結に注意が必要だ。

 熊本市西区の本妙寺参道や、天草市牛深町の牛深ハイヤ大橋周辺も一面銀世界に。南小国町の黒川温泉は約3センチ積もり、大分県日田市の公務員三木沙弥香さん(30)は「一晩で温泉街が真っ白になって、びっくり。きれいな雪景色で落ち着きますね」と目を細めていた。(緒方李咲、木村馨一、谷川剛)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note