ロアッソ熊本2位後退、富山と引き分け 2点先取も逃げ切れず

熊本日日新聞 | 2021年11月14日 18:49

【熊本-富山】前半、ボールを競り合う熊本の河原(中央)=えがお健康スタジアム(後藤仁孝)

 明治安田J3第27節は14日、7試合を行い、首位のロアッソ熊本はえがお健康スタジアムで4位富山と2-2で引き分けた。通算成績は13勝9分け3敗の勝ち点48となり、勝ち点50の宮崎に抜かれて2位に後退した。

 熊本は開始から攻勢に出て、5分にMF上村周平のゴールで先制。前半終了間際にはMF河原創のミドルシュートがクロスバーに跳ね返った後、相手オウンゴールを誘って2点目を挙げた。

 後半は一転して富山ペースとなり、19分にはPKを献上して1点差にされ、34分には自陣でのバックパスを奪われて同点ゴールを喫した。

 宮崎は岐阜を4-3で下した。3位岩手も勝利し、勝ち点を46に伸ばした。富山は4位のまま。J2昇格(2位以内)の可能性は、残り試合数の関係で6位岐阜にもあるが、5位福島は3位以下が確定した。

 熊本の次戦は21日午後1時10分からえがお健康スタジアムで7位のYS横浜と対戦する。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube