茶畑で朝食を 水俣、天草でモニターツアー 山と海の自然満喫

熊本日日新聞 | 2021年10月17日 15:50

湯の鶴温泉街近くの茶園で、特産の和紅茶と玄米のおにぎりなどの朝食を味わう観光関係者=水俣市

 観光関係者によるモニターツアーが14、15の両日、水俣、天草両市であり、約10人が湯の鶴温泉街近くの茶園で、朝食に特産の和紅茶と玄米のおにぎりや茶葉のつくだ煮を味わった。

 観光戦略会社「くまもとDMC」(熊本市)が、水俣市と天草市御所浦町を周遊する1泊2日のツアー商品を開発しようと企画。

 参加者は14日、水俣港から海上タクシーで移動し同町を観光後、水俣市の湯の鶴温泉に宿泊。15日朝は、近くの「お茶の坂口園」の茶畑で、同園が生産・販売する和紅茶「はるべに」などを堪能した。同園3代目の坂口和憲さん(41)から、フルーティーな香りや優しい口当たりが特長のはるべにについて話を聞いた。

 ウェブ制作会社代表の中西大輝さん(28)=福岡市=は「初めて訪れたが、自然や温泉、おいしい紅茶と食事を楽しめ、水俣のファンになりました」と話した。(山本文子)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube