ロアッソ、今季最多5ゴール 八戸を5-0で下し6連勝

熊本日日新聞 | 2021年10月10日 18:45

【熊本-八戸】後半24分、3点目を決めガッツポーズする熊本の菅田
【熊本-八戸】後半30分、4点目を決め仲間と喜ぶ熊本の高橋(中央)=八戸市のプライフーズスタジアム
【熊本-八戸】試合終了間際、ダメ押しの5点目を決め、仲間と喜ぶ熊本の杉山(18)=八戸市のプライフーズスタジアム

 明治安田J3第22節最終日は10日、青森県八戸市のプライフーズスタジアムなどで5試合を行い、ロアッソ熊本は八戸を5-0で下して6連勝で通算12勝6分け2敗(勝ち点42)とし、首位を守った。6連勝はクラブタイ記録で2019年以来2度目。5ゴールは今季最多得点となった。

 前半は守備を固めた相手を崩せず、0-0で折り返した。後半は5分にMF竹本雄飛がクロスバーではね返った球を押し込んで先制。その後もFWターレス、DF菅田真啓、FWの高橋利樹と杉山直宏がゴールを決めた。

 宮崎は今治を1-0で下して勝ち点40とし、今節試合がなかった富山に代わり2位に浮上した。

 熊本の次戦は16日午後1時から、12位の沼津と静岡県沼津市の愛鷹広域公園多目的競技場で対戦する。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note