ロアッソ、首位に浮上 今治戦・1-0で競り勝つ

熊本日日新聞 | 2021年09月05日 21:09

【熊本-今治】前半27分、ヘディングで先制点を決める熊本の高橋(上)=えがお健康スタジアム(後藤仁孝)

 明治安田J3第17節最終日は5日、えがお健康スタジアムなどで4試合を行い、前節2位のロアッソ熊本は14位の今治に1-0で競り勝った。通算成績は8勝6分け2敗の勝ち点30で首位に浮上した。

 熊本はMF竹本雄飛が今季初めて、GK佐藤優也が2試合ぶりに先発した。前半27分、FW杉山直宏の右からのクロスをFW高橋利樹が頭で押し込み先制。後半は今治にシュート4本を打たれたが、GK佐藤を中心に無失点で逃げ切った。

 他会場は富山が沼津に1-2で敗れて2位に後退。福島は2-1で鳥取を下し、同率2位に浮上した。

 熊本は第18節の試合がなく、次戦は第19節の19日午後6時から長野市の長野Uスタジアムで7位の長野と対戦する。

【熊本-今治】今治に1-0で勝ち、「カモンロッソ」を踊る熊本の選手たち=えがお健康スタジアム(後藤仁孝)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note