(9)スマホ位置情報の活用 避難の流れ把握、迅速に支援

熊本日日新聞 | 2021年4月17日 00:00

image

 球磨川や支流の氾濫が未明から相次いだ昨年7月4日。朝を迎え、熊本赤十字病院(熊本市東区)で災害時の支援活動を担当する曽篠[そしの]恭裕・救援課長(49)は、被害が大きいとみられた県南の状況をつかみかねていた。  「人員や物資をどこに優先...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1019字(全文 1139字)

ランキング

イベント情報