(7)欠いた女性への配慮 搾乳、着替え…環境整わず

熊本日日新聞 | 2021年4月11日 00:00

image

 熊本地震の本震発生から6日後の2016年4月22日、熊本市男女共同参画センターはあもにいで館長を務めていた藤井宥貴子さん(56)=現県民交流館パレア館長=は、性被害防止のチラシを携え、市内のある避難所を訪れた。目に飛び込んできたのは、毛布...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1042字(全文 1162字)

ランキング

イベント情報