(2)車中泊、実態つかめ メール改良「支援につなぐ」

熊本日日新聞 | 2021年4月6日 00:00

image

 「地震が起こるたび、ハンドルにしがみついて揺れに耐えた。最初の1週間は眠るに眠れなかった」。2016年4月の熊本地震で益城町のアパートに住めなくなった東藤光[ひがしふじみつ]さん(60)は、その後の4カ月半を車中泊や支援のテントで過ごした...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1091字(全文 1211字)

ランキング

イベント情報