(7)くま川鉄道・負担めぐり温度差 沿線連携で利用者増を

熊本日日新聞 | 2021年2月9日 00:00

image

 「住民の生活路線であり、観光振興や地域活性化のためにも重要な鉄道。復旧への光が見えてきて、ひと安心している」  昨年12月25日、全線運休が続く第三セクター・くま川鉄道(人吉市)の復旧に向けた再生協議会の初会合が同市で開かれた。終了後の...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1022字(全文 1142字)

ランキング

イベント情報