外国人労働者向け宿舎、JA阿蘇が2棟目新設 受け入れ拡大と生活環境の改善へ

熊本日日新聞 2024年5月22日 20:34
外国人労働者向けの宿舎の落成式であいさつを述べるJA阿蘇の原山寅雄組合長=22日、阿蘇市
外国人労働者向けの宿舎の落成式であいさつを述べるJA阿蘇の原山寅雄組合長=22日、阿蘇市

 JA阿蘇(阿蘇市)は22日、特定技能制度による外国人労働者の受け入れ拡大と生活環境の改善を目的に、同市一の宮町に外国人労働者向けの宿舎を新設した。宿舎は2棟目で、1棟目の隣に完成した。

 JA阿蘇は慢性的な人手不足解消のため、特定技能制度が始まった2019年に初めて外国人労働者を受け入れ、宿舎を建設した。

 新宿舎は鉄骨造りの平屋で、延べ床面積389平方メートル。外国人労働者が居住する5室のほか、シャワー室や食堂などを備える。総事業費は9970万円。アスパラガスやトマトなどの選果作業に従事するカンボジア国籍の40人が入居する。

 落成式にはJA阿蘇や阿蘇市職員ら約40人が出席。JA阿蘇の原山寅雄組合長は「外国人が安心して働ける環境を整え、作物のさらなる収量拡大につなげたい」とあいさつした。(小田喜一)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の経済ニュース