西原小、心育む「一人一鉢」 緑化推進の取り組みに総理大臣表彰 熊本市東区 地域一体、学習と交流広げる

熊本日日新聞 2024年5月20日 19:58
緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰を受けた西原小の6年生の緑化委員ら=17日、熊本市東区
緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰を受けた西原小の6年生の緑化委員ら=17日、熊本市東区
「緑のカーテン」のネットを張る準備をする西原小の児童ら=8日
「緑のカーテン」のネットを張る準備をする西原小の児童ら=8日

 熊本市東区の西原小が、2024年の緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰を受けた。地域住民と児童らが一体となって、継続的に取り組むさまざまな緑化活動が評価された。

 同小は1966年の開校時から、入学してきた児童が卒業するまでの間、一人一人に割り当てた一つの鉢でさまざまな花を栽培する「一人一鉢運動」を続けている。責任を持って緑に接する姿勢を、学びにつなげる狙いがある。

 月に2回、昼休みに全ての児童が参加する「グリーンタイム」では、自分の鉢に加えて花壇、学級園を手入れ。学校で植える花は、できる限り学級園で採取した種を使う「まごころ種まき」も進めており、植物の生態学習と、種のやりとりを通した学年を越えた交流につなげている。

 2010年からは、地域のボランティアと協力して、夏の日差しを遮る「緑のカーテン」を毎年校舎の壁に設置。今月上旬にあったカーテン設置に向けた準備では、児童と学校職員、住民らが協力して、3階建て校舎の南側にネットを張った。その後、ゴーヤーやヘチマの苗を植えており、教室で涼しく過ごせるよう工夫している。

 緑化活動を児童の学習と交流にも広げている西原小。首藤英紀校長(57)は「続けてきた卒業生や先生、地域の協力のおかげ。緑を大切にする気持ちを持ち続けてほしい」と話した。(九重陽平)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の教育・子育て