機密保護、経済安保に拡大 政府、資格創設へ新法案提出

共同通信 2024年2月27日 19:26
 閣議後に記者会見する高市経済安保相=27日、東京都千代田区
 閣議後に記者会見する高市経済安保相=27日、東京都千代田区

 政府は27日、機密情報の保全を先端技術や重要インフラなど経済安全保障分野に広げる新法案「重要経済安保情報保護・活用法案」を閣議決定し、国会に提出した。情報の取り扱いを有資格者に限定する「セキュリティー・クリアランス(適性評価)」制度を創設し、漏えいには最長5年の拘禁刑などを科す。より機密性の高い経済安保情報は、防衛や外交などの機密を対象とする特定秘密保護法の運用拡大で対応。新法案との二段構えで情報管理を強化する。

 経済安保の機密保全制度を導入済みの欧米各国と足並みをそろえ、当局間の情報共有や、関連技術を巡る企業の国際共同開発を進めるのが狙い。高市早苗経済安保担当相は記者会見で「同志国と同レベルの法制度を設けることで、同じスタートラインに立ってビジネスができるようになる」と意義を強調した。

 新法案は、漏えいすると国の安保に支障を与える恐れがあるため秘匿すべき情報を「重要経済安保情報」に指定。指定期間は5年だが、原則通算30年まで延長できる。

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「経済」記事一覧