セブン、大型コンビニ開店 面積商品2倍、生鮮食品も

共同通信 2024年2月27日 19:14
 大型コンビニ店舗「セブン―イレブン松戸常盤平駅前店」で魚と肉が並ぶ販売棚=27日午後、千葉県松戸市
 大型コンビニ店舗「セブン―イレブン松戸常盤平駅前店」で魚と肉が並ぶ販売棚=27日午後、千葉県松戸市
 大型コンビニ店舗「SIPストア」の開店を発表したセブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長(左)=27日午後、千葉県松戸市
 大型コンビニ店舗「SIPストア」の開店を発表したセブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長(左)=27日午後、千葉県松戸市

 セブン&アイ・ホールディングスは27日、大型コンビニを出店すると発表した。通常の2倍ほどの面積と商品数を持つ店舗「SIPストア」を千葉県松戸市に29日に開く。生鮮・冷凍食品をそろえて客単価の向上を図る。コンビニは近年、出店が一巡して飽和状態にあり、既存店からの切り替えも模索する。

 セブン&アイが第1弾として開店するのは「セブン―イレブン松戸常盤平駅前店」。店舗面積は約290平方メートル、商品数は約5300と通常店舗の2倍ある。

 店舗に隣接した会議室を改築し、プライベートブランド(PB)の冷凍食品やチルド食品の売り場を増やした。傘下の総合スーパー、イトーヨーカドーで販売する魚や肉も並べ、焼きたてパンやピザも購入できる。雑貨店ロフトの商品も並べた。

 セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長は新店舗で記者団に「時代は変化しており、次世代の店舗の在り方を模索する」と述べた。ニーズや作業効率を検証し、最適な展開方法を検討する。

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「経済」記事一覧