IPEF供給網協定が発効 日米5カ国、重要物資を融通

共同通信 2024年2月24日 18:51
 昨年11月、「インド太平洋経済枠組み」の首脳会合で記念写真に納まる岸田首相(前列左端)ら=米サンフランシスコ(代表撮影・共同)
 昨年11月、「インド太平洋経済枠組み」の首脳会合で記念写真に納まる岸田首相(前列左端)ら=米サンフランシスコ(代表撮影・共同)

 新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」のサプライチェーン(供給網)協定が24日、日本、米国、インド、シンガポール、フィジーの5カ国で発効した。半導体やレアメタル(希少金属)など経済安全保障上の重要物資の調達が困難となった場合に、生産活動に支障が出ないよう多国間で融通し合う。

 日米政府によると、これだけ多くの国が参加して供給網途絶時の連携手続きを協定で定めるのは世界で初めて。米主導で2022年5月に発足したIPEFの具体策第1弾として動き出す。保護主義的な輸出規制をはじめ、覇権主義に傾く中国への抑止力の役割が期待される。

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「経済」記事一覧