北陸新幹線で乗客の救護訓練 震度7想定、延伸開業控え

共同通信 2024年2月22日 20:52
 新北陸トンネルで実施された救護訓練で、乗客のけが人を担架に乗せて運び出す消防隊員=22日午後、福井県南越前町
 新北陸トンネルで実施された救護訓練で、乗客のけが人を担架に乗せて運び出す消防隊員=22日午後、福井県南越前町

 JR西日本は22日、北陸新幹線金沢―敦賀の延伸区間にある新北陸トンネル(福井県)で、最大震度7の地震を想定した乗客の救護訓練を実施した。JR西の金沢支社と福井県警、地元消防などの約150人が参加。開業を3月16日に控え、連携態勢を確認した。

 トンネルは南越前町と敦賀市を結ぶ。訓練は福井県北部を震源とする地震で新幹線が脱線し、複数の乗客がけがをした状況を想定。JR西社員が演じる乗客約60人を乗車口に架けたはしごで降ろし、トンネルの外に誘導した。重傷を負って歩けない乗客は、消防隊員が担架に乗せて運び出した。

 終了後、金沢支社の金田啓一安全推進室長(54)は「迅速に救護できた」と話した。

KUMANICHIPICK

くまにちレコメンド
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧