安倍派「全閣僚」の交代調整 副大臣、政務官含め一掃へ

共同通信 | 2023年12月10日 21:34

 岸田文雄首相
 岸田文雄首相

 岸田文雄首相は自民党安倍派(清和政策研究会)の政治資金パーティー裏金問題を巡り、同派に所属する閣僚、副大臣、政務官の計15人を全員代える方向で調整に入った。13日の国会閉幕後、週内にも実施する案が上がっている。党側では、安倍派事務総長を務める高木毅国対委員長の交代を検討する。萩生田光一政調会長については交代可否の調整を続ける。政権関係者が10日、明らかにした。

 安倍派は党内最大派閥で、政務三役在任ゼロとなれば異例の事態。党内から慎重論が出る可能性もある。東京地検特捜部の捜査の行方や、来年の通常国会を含む政権運営への影響を見極め、最終的に判断する。

 安倍派の現閣僚は、事実上の更迭を決めている松野博一官房長官に加え、西村康稔経済産業相、鈴木淳司総務相、宮下一郎農相の4人。副大臣は5人、政務官は6人いる。党では高木、萩生田両氏や世耕弘成参院幹事長が要職を務めている。

 首相は10日、萩生田氏と東京都内のホテルで面会した。茂木敏充幹事長、森山裕総務会長ともそれぞれ首相公邸で面会。こうした人事方針を協議したもようだ。

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報