川崎、天皇杯3大会ぶり2度目V 柏との大接戦、PK戦制す

共同通信 | 2023年12月9日 17:48

 柏とのPK戦を制して優勝を果たし、喜ぶ川崎の選手たち=国立競技場
 柏とのPK戦を制して優勝を果たし、喜ぶ川崎の選手たち=国立競技場
 サッカー天皇杯で3大会ぶり2度目の優勝を果たし喜ぶ川崎の選手たち=9日、国立競技場
 サッカー天皇杯で3大会ぶり2度目の優勝を果たし喜ぶ川崎の選手たち=9日、国立競技場

 サッカーの第103回天皇杯全日本選手権は9日、東京都の国立競技場に6万2837人の観衆を集めて決勝が行われ、川崎が3大会ぶり2度目の優勝を果たした。柏と延長を終えて0―0からのPK戦は10人目までもつれ、8―7で制した。

 柏は積極的な試合運びで細谷真大を軸に攻め込んだ。川崎は劣勢の時間が長かったが、守備は崩れなかった。川崎の鄭成龍と柏の松本健太の両GKが好守を見せ、引き締まった展開で120分が過ぎ、前回大会に続いてPK戦で決着した。

 来年1月に日本代表がアジア・カップに臨む日程を考慮し、今大会の決勝は恒例の元日開催ではなかった。

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報