日本勢は永野の8強が最高 フェンシング高円宮杯

共同通信 | 2023年12月9日 17:50

 準々決勝 米国のアレクサンダー・マシアラス(右)と対戦する永野雄大=愛知県国際展示場
 準々決勝 米国のアレクサンダー・マシアラス(右)と対戦する永野雄大=愛知県国際展示場

 フェンシング男子フルーレの高円宮杯ワールドカップ(W杯)第2日は9日、愛知県国際展示場で個人の決勝トーナメントが行われ、日本勢は永野雄大(ネクサス)の準々決勝進出が最高だった。永野は世界ランキング1位のアレクサンダー・マシアラス(米国)に6―15で敗れ、4強入りを逃した。

 7月の世界選手権の団体で金メダルを獲得したメンバーでは、松山恭助(JTB)が3回戦でエジプト選手に7―15で敗れ、飯村一輝(慶大)は2回戦、敷根崇裕(ネクサス)は1回戦敗退だった。

 最終日の10日は団体が行われる。

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報