諸君、ピラミッドの頂から… ナポレオンについて考えていた化学の時間 「雨の日は休む」生徒 <細川護熙さんの高校時代>

熊本日日新聞 | 2023年11月25日 05:00

 -今月は細川さんからもう一つ、高校時代の忘れがたい思い出を聞きました。「あのころ」は休みます。(聞き手・宮下和也)
      ◇      ◇

 学習院高等科時代で一つ思い出した話があります。祖父(護立さん)のところ、今の永青文庫の上に住んでいた頃の話です。

 高校2年生の時か、3年生の時だったか忘れちゃったけど、化学の先生で関末比古さんという先生がおられました。小柄で、とても穏やかないい先生でした。

 私は大体、高校時代も中学時代もそうですけど、雨の日は休みと自分で決めていたものですから、学習院の先生たちの間でもちょっと問題になっていたようです。

 よく私がいない時に、先生たちがクラスメートに向かって、「今日は雨だから細川は来ないだろう」と言われていたという話を後でずいぶん聞かされました。

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1079字(全文 1437字)

細川護熙 私のプリンシプル 
特別編・学習院の思い出

KUMANICHI レコメンド

熊本のニュース記事一覧

ランキング

お出かけ情報