(下)「民意」どう問う 討論集会後、消えた対話

熊本日日新聞 | 2020年10月29日 00:00

image

 12年前の2008年、川辺川ダムの白紙撤回を表明した蒲島郁夫熊本県知事。当時、その理由を「現在の民意はダムによらない治水を追求し、今ある球磨川を守っていくことを選択している」と述べた。  そして現在。7月豪雨の深刻な被害を受け、県は改め...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1099字(全文 1219字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報