(1)”警戒” 狭い階段、車いす抱え 迫る濁流、懸命に2階へ

熊本日日新聞 | 2020年10月17日 00:00

image

 「ドーンッ」。7月4日午前7時、冷たい濁流が1階のドアを押し開け、渡り廊下のガラスを破って一気に建物内に流れ込んだ。熊本県球磨村渡で、社会福祉法人「慈愛会」が運営する村唯一の特別養護老人ホーム「千寿園」。80代、90代のお年寄りたちが穏や...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1078字(全文 1198字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報