くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 自虐ネタで「荒玉」PR ヒロシさんが動画


地域ニュース

自虐ネタで「荒玉」PR ヒロシさんが動画 2017年03月17日

自虐ネタで「荒玉」PR ヒロシさんが動画の写真、図解
お笑いタレントのヒロシさんが、自虐ネタで荒尾玉名地域をPRする動画(県提供)
 荒尾・玉名地域を、お笑いタレントのヒロシさん=荒尾市出身=が自虐ネタでPRする動画「あらためて荒玉です。」(約14分30秒)が16日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された。住みやすさを知ってもらい、移住や定住を促そうと県玉名地域振興局が制作した。

 動画は世界文化遺産の万田坑(荒尾市)、玉名温泉(玉名市)、江田船山古墳(和水町)など2市4町の観光や特産を紹介。ヒロシさんは随所に登場し「福岡県内の下の方? いえ熊本県内の上の方です」など自虐的なギャグで笑いを誘う。

 PRで重視したのは福岡・熊本両市との交通アクセスの良さ、都市と自然の調和、子育て支援の充実といった暮らしやすさ。最後にヒロシさんが「理想の生活が手に入るかも」と荒玉暮らしを勧める内容だ。

 県と荒尾、玉名、南関、和水、玉東、長洲の2市4町は、連携して首都圏や福岡都市圏からの移住者を増やす施策を展開中だが、知名度不足が課題。動画はこれを逆手に取り、自虐的な笑いで注目を集める狙いだ。事業費は230万円。公開は来年3月14日まで。(蔵原博康)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun