くまTOMO

くまTOMOは毎週土曜・日曜の熊本日日新聞(熊日)朝刊に掲載。子どもたちの社会への関心を高め、生きる力を育み、将来の熊本の発展に寄与することを目指しています。
国内外の最新ニュースに加えて、地域のニュースもやさしく解説。英語やプログラミングも楽しみながら学べます。
4コマ漫画、間違い捜し、クロスワードパズルなど、家族や友だちと一緒に楽しめるコーナーも満載。

くまTOMOサポーター

くまTOMOサポーターに登録して、TOMOサポリポートに投稿しよう!
学校でのできごとや家族との体験で楽しかったこと、スポーツやイベントで頑張った思いなどを記事にして、写真と一緒にメールなどで投稿することができます。掲載された人には、図書カードをプレゼント!
くまTOMOサポーターは通年で募集しています。

くまTOMOサポーター新規登録は以下のリンクから。

サポーター限定のイベントにも参加できるよ!

オンユアマークス

リブワーク藤崎台球場であったプロ野球公式戦では、試合開始前に守備位置選手を出迎えるオンユアマークスに参加しました。

体験イベント

熊本赤十字病院でドクターヘリを見学。災害に対する取り組みやドクターヘリの役割などについてフライトドクターらに話を聞きました。

ヴォルターズバスケットボール教室

ヴォルターズの選手たちからドリブルやシュートの仕方を教わりました。教室の後の交流試合では、選手たちと一緒にゲームを楽しみました。

くまTOMO 人気コーナー

Working 私のお仕事

子どもたちに人気の職業や、注目の仕事に就いた熊本ゆかりの「働く人」を紹介。仕事内容ややりがい、どうしたらなれるかなど先輩たちからの役立つ情報がいっぱいです。

ぷれすけとプログラミング

2020年度から小学校で必修化されるプログラミング。道案内や料理、パズルなど身近な題材をもとに、物事を論理的に考える「プログラミング的思考」を学べる内容です。

ASO生きものがたり

ASO生きものがたりの舞台は、貴重な地質を備えた世界ジオパークや、伝統農法が残る世界農業遺産に認定された阿蘇地域。人々の暮らしと密接に結び付いた動植物の営みについて、阿蘇の自然に詳しい高森町の井上真希さんが、カラー写真を交え分かりやすく解説します。

作ってみるTOMO

くまTOMOサポーター親子がプロの指導のもと、料理や手工芸を体験する「作ってみるTOMO」。紙面では材料や手順、ポイントを写真付きで分かりやすく紹介します。これまでに挑戦したのは、カラフルカップケーキや手作りソーセージ、革製の手提げバッグや竹のたて笛など。これからも幅広いジャンルで「手作り体験」の情報をお届けします。

子どもたちの声

  • TOMOサポリポートを読んで、身近なことの作文はおもしろいなと感じました。作文を書く時、参考にしようと思います。
  • 弟が書いたリポートが載っていてビックリ。初めての掲載に弟はとても喜んでいました。私もイラストやリポートをたくさん送って掲載されるように頑張ります。
  • ぼくは星が大好きです。「ボリソフすい星 発見!」太陽系の外から来たなんて、そして遠い宇宙に飛んでいくなんて・・・。宇宙は大きすぎるなあー。
  • くまTOMOは興味を引く話題ばかりでとても勉強になります。今回は「エクアドルの計算」の記事が一番おもしろかったです。外国の計算法に興味を持ちました。
  • 消費税が10%になって、なぜ税がどんどん上がっていくのだろうと不思議に思っていましたが、くまTOMOを読んでこういうことに使われているんだなあと分かりました。勉強になりました。