天草未来大橋、みんなで「渡り初め」 地元の児童ら、2月の開通前にウオーキング

熊本日日新聞 | 2023年1月23日 13:45

開通間近の天草未来大橋のウオーキングを楽しむ本渡北小の4年生=天草市

 2月25日の開通まで約1カ月となった天草市の「天草未来大橋」で23日、地元の小中高校生を対象としたウオーキングイベントが始まった。2月16日までに計30校の約1900人が参加し、完成間近の新しい橋を一足先に渡る。

 新橋は天草上島と下島を結ぶ自動車が通行可能な二つ目の橋。自動車専用道路のため歩行者や自転車は開通後、通行できない。県天草広域本部が子どもたちに開通前だけの特別な体験をしてもらおうと企画した。

 初日の午前、最初に渡ったのは本渡北小の4年生約140人。上島から下島まで全長約1・15キロを約1時間かけて歩いた。児童らは海上の船に「ヤッホー」と呼びかけたり、記念撮影をしたりして元気いっぱいに〝渡り初め〟。男子児童は「僕たちがいちばん最初。みんなと楽しく渡れた」とにっこり。女子児童は「習い事に行くとき遅刻することがあったので、この橋で渋滞が少なくなるとうれしい」と話した。

 同本部によると、新橋はほぼ完成し、車線や中央分離帯の整備を残すだけとなっている。(平井智子)

開通間近の天草未来大橋を元気いっぱいに渡る本渡北小の子どもたち=天草市
開通間近の天草未来大橋で記念撮影する本渡北小の4年生=天草市

ランキング

イベント情報