自叙伝、執筆者に著作権 スペイン語版制作容疑で県警が男性摘発 識者「無断翻訳は侵害」

熊本日日新聞 | 2022年12月2日 08:43

image

 熊本市の会社に依頼して制作された自らの伝記を、著作権者の会社に無断でスペイン語に翻訳して別の本を作ったとして、県警は10月、著作権法違反の疑いでスペインに住む男性の水産加工業者(76)を逮捕した。自分のことが書かれた本を本人が加工する行為...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1247字(全文 1367字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報