境界地域の「振り子」 [岩下明裕 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授]

熊本日日新聞 | 2022年11月22日 07:00

 北海道の境界と言えばロシア。今年2月、ロシアがウクライナに侵攻してから、心休まらない日が続く。地元記者が真顔で取材に来た。「北海道侵攻はありますか?」。1983年、サハリン沖で大韓航空機が撃墜されたとき、明日にでもソ連が攻めてくるという噂...

この記事は会員限定です。熊日IDに登録すると続きをお読みいただけます。

残り 532字(全文 652字)

ランキング

イベント情報