ゴキブリの東・西日本すみ分け、縄文時代に成立か 熊本大・小畑弘己教授ら、卵の痕跡から種類を特定

熊本日日新聞 | 2022年10月22日 09:50

image

 熊本大大学院人文社会科学研究部の小畑弘己教授(考古学)らの研究グループは、現在の西日本と東日本のゴキブリのすみ分けが、すでに約5千年前の縄文時代には成立していた可能性が高いことを明らかにした。縄文土器の破片に残る卵の痕跡からゴキブリの種を...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 655字(全文 775字)

ランキング

イベント情報