腸管出血性大腸菌、7人の感染を報告 熊本県感染症情報

熊本日日新聞 | 2022年10月14日 10:07

image

 3~9日の県感染症情報によると、腸管出血性大腸菌感染症が7人報告された。今年の累計は26人で、県健康危機管理課は「夏場を中心に多く発生する傾向があるが、年間を通して注意が必要」と呼びかける。  同課によると、患者は菊池保健所管内の10歳...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 302字(全文 422字)

ランキング

イベント情報