有害鳥獣の捕獲や活用学ぶ 芦北町の大野小児童

熊本日日新聞 | 2022年10月5日 20:39

image

 芦北町の大野小の全校児童34人が4日、地元で増加している有害鳥獣の被害を題材にした特別授業を受け、捕獲した後の活用法について考えた。  特別授業は、子どもたちに地域の自然環境について学んでもらおうと9月から実施。町の猟友会メンバーで地域...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 224字(全文 344字)

ランキング

イベント情報