詐欺罪に問われた熊本市職員、認否を留保 熊本地裁で初公判

熊本日日新聞 | 2022年9月28日 12:14

image

 ケースワーカーとして担当していた生活保護受給者から通帳と印鑑をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた熊本市職員の女(26)の初公判が28日、熊本地裁(山口智子裁判官)であり、女は「検察が予定する追起訴を待ちたい」と起訴内容の認否を留保した。...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 200字(全文 320字)

ランキング

イベント情報