御旅所の能楽殿に「松」描く 崇城大生ら祭礼文化継承 熊本市・藤崎八旛宮例大祭で〝こけら落とし〟 

熊本日日新聞 | 2022年9月13日 21:10

image

 崇城大美術学科の学生らが、藤崎八旛宮例大祭で「御能」が奉納される御旅所の能楽殿(熊本市中央区新町)の舞台奥にある鏡板の松模様を手がけた。例大祭の「神幸行列」がある18日に、〝こけら落とし〟を迎える。  同宮によると、能楽殿は100年以上...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 389字(全文 509字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報