仲光(九学)気力スパート 2位と0秒05差、喜び爆発 競泳男子1500自 

熊本日日新聞 | 2022年8月18日 10:54

image

 男子1500メートル自由形決勝の優勝争いは最終盤までもつれた。白熱の展開を制したのは、仲光陸遥(九州学院2年)。2位との差はわずか0秒05。ゴール後、電光掲示板でようやく1着を確認すると、握りこぶしで水面をたたいて喜びを爆発させた。  ...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 457字(全文 577字)

KUMANICHI レコメンド

ランキング

お出かけ情報