スイゼンジノリ量産化へ GSM(熊本市)とDICが培養技術開発

熊本日日新聞 | 2022年8月10日 11:04

image

 熊本発祥の「スイゼンジノリ」を原料とする保水成分「サクラン」を製造販売するグリーンサイエンス・マテリアル(GSM、熊本市)と大手化学メーカーのDICは、スイゼンジノリを人工的に大量培養する技術を開発したと発表した。今後、年間数十トン規模で...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 364字(全文 484字)

熊本の経済

ランキング

イベント情報