プレミアム会員限定

日本酒の輸出好調 5年で3倍 山鹿市の千代の園 出荷先は米や東南アジアなど十数カ国、欧州にも照準

熊本日日新聞 2022年7月21日 08:39
5月に米国のスーパーで開かれた日本酒の販売促進イベント。試飲を勧め商品を説明する千代の園酒造の本田裕理取締役(左から2人目)(同社提供)

 日本酒の国内消費量の減少を受け、酒造各社が海外需要に着目する中、千代の園酒造(山鹿市)が出荷先を米国や東南アジアなど十数カ国に広げ、輸出量を5年間で3倍以上に伸ばしている。輸出は新型コロナウイルスの影響から復調傾向にあり、同社は「伸びしろ...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り 938字(全文 1058字)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の経済ニュース