自民分厚い組織機能  緩み警戒、基盤に火種も【参院選くまもと/戦いの現場】㊤

熊本日日新聞 | 2022年6月25日 09:40

image

 「自公改選過半数の勢い」「松村氏が先行」-。熊本日日新聞など各紙が24日、参院選の序盤情勢の調査結果を報じた。有権者は岸田文雄政権に一定の評価を与え、熊本選挙区で4選を目指す自民党現職の松村祥史(58)は残り3人の新人候補よりも順調なスタ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 1254字(全文 1374字)

ランキング

イベント情報