貝殻分析、産地を判別 東大など研究チーム 科学的手法、偽装防止に

熊本日日新聞 | 2022年6月12日 10:06

image

 東京大や弘前大などの研究チームは、アサリなど貝類の貝殻に含まれる金属元素を分析し、地質の年代から産地を見分ける新手法を開発した。輸入アサリを「熊本県産」と偽る産地偽装問題をめぐり、偽装を見抜く科学的な手法として関係者の関心を集めている。 ...

この記事は「プレミアム会員」限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り 838字(全文 958字)

ランキング

イベント情報